保険代理店募集サイトTOP  >  転職経験者の声  >  竹下 正甲(福岡)

竹下 正甲(福岡)

独立のきっかけ

アフラックの代理店制度なら、安定した収入を目指せるというのが魅力でした。

自営業の経営者、寝具の営業、不動産営業などを、ずっと営業ひとすじでやってきました。どの職場でも成績はいいのですが、どれも自分の納得できる仕事ではなく、模索し続けていました。そんなとき、知人からアフラックの代理店制度の情報を聞いたのです。アフラックの代理店のしくみは良くできていて、頑張れば「安定」を手に入れられるというところが魅力的でしたが、保険の営業というと"しつこい"営業スタイルのイメージが強く、正直なところ抵抗感がありました。しかし、アフラックの代理店募集のホームページを調べたり、アフラックの担当者に話を聞く中で、自分らしいスタイルで無理なく仕事ができるということが分かり、46歳、最後の転職にかける決意をしました。

私の営業スタイル

最初の1000枚のポスティングで、契約5件。商品力を確信しました。

一般的に代理店というと加盟金や事務所開設費用などお金の面の心配がありますが、アフラックの代理店制度は自宅で開業可能ですし、加盟金なども必要ありません。そのうえ、研修制度が充実しているということで業界未経験の私も安心でした。営業活動をスタートするにあたって3000枚のチラシ(私の連絡先入り)をアフラックに刷ってもらい、時間をおいてポスティングすることにしました。最初の1000枚で、はやくも10件の反響があり、そのうち5件が契約に。アフラックの商品力には驚きました。「こんなにも簡単なのか」とはじめは思いましたが、それは反響営業だったからで、紹介で会うお客様になると話が続かず苦労しました。そこでコンサルティング力を身に付けるために他社の保険のことも猛勉強しました。

独立して良かったこと

3年目にして収入は前職を超えました。3年後には法人設立を目指します。

そんな努力のかいあって、開業から3年目にして収入は前職を超え、ようやくスタートラインに立った思いがします。目標は3年以内に法人代理店を開業すること。アフラックという会社や魅力的な商品に出会って、最後の転職は大成功だったと思います。そして、自分の仕事によって誰かを幸せにしているという実感を得ることができるのは何よりもうれしいですね。コンサルティングを通して"竹下さんに出会えてよかった"という言葉は、もう何回ももらっています。まだまだ日本には自分がどんな保険に入っているのか、知らない人がいっぱいいます。これからも積極的にお客様に会い、お客様の保険の良い相談役になれるようがんばっていきたいと思っています。

竹下スケジュール

レポート坂野