保険代理店募集サイトTOP  >  転職経験者の声  >  板倉 広享(静岡)

板倉 広享(静岡)

独立のきっかけ

20年間想い続けてきた独立の夢を、 多くの人に支えられて 実現することができました。

私の前職は信用金庫の営業マン。地元磐田を中心に、法人向けと個人向け、両方の営業を経験してきました。信用金庫での20年間で、人脈がすごく広がりましたし、知識も非常に深くなり、人間的にも非常に成長できたとあって、職場環境には大変満足していました。ただ、若いころからずっともっていた『独立』という夢はどうしても捨てきれませんでした。そして、入社20年目という節目になり、ここでやらなければ一生後悔すると思ったんです。そこで、自分の夢を上司や役員に熱く語り続けた結果、最終的には皆さんに応援していただくかたちで退社し、独立の夢を実現することができました。おかげさまで、信用金庫やそのお客様とは、今もWIN- WINな関係を構築できています。

独立の支えになったこと

「手数料前払制度」があったことで、 不安無く、営業に専念できたことが 今の成功の土台になったと思います。

アフラックを開業するにあたって、一番助かったのは「手数料前払制度」でした。開業するにあたり、自宅で仕事をするのはメリハリがなくなると考え、思い切って開業当初から事務所を借りたのですが、はじめのうちは事務所の賃料をアフラックの収入から捻出するのは難しいだろうと考えていたんです。そんなときに、「手数料前払制度」を紹介してもらいました。「手数料前払制度」とは、安定した収入が少ない事業開始時期に、通常の手数料とは別に、営業資金を受け取れる安心の制度。受け取った前払手数料は、受け取り月の 翌々月から12ヶ月分割で精算していく仕組みです。この制度のおかげで、開業当初から貯金を取り崩すことなく、積極的に営業活動に専念することができました。

私の営業スタイル

お客様とは、保険の話のみというよりも 資金繰りのご相談を中心にお話ししています(笑)。

開業後は、法人を中心とした営業活動をしています。当初、アフラックはどちらかというと法人よりも個人向けの商品が強いときいていました。でも、それは違いました。研修で勉強していくうちに『95歳満期定期特約付終身保険』など、法人に対して非常に優れた商品があることが分かったんです。現在は、この商品を中心に好調に販売しています。もっとも商談では、保険の話というよりも、前職で相談を受けていた資金繰りの話が中心です。なので、私からは保険を見直すことでの資金繰りのアドバイスを行い、メインの話は前職の信用金庫の方にバトンタッチするようにしています(笑)。もちろん、逆に信用金庫の方から保険の相談について紹介を受けることもあります。やはり、私の場合、信用金庫時代のつながりが今も強く生きていることを毎日実感しています。

板倉スケジュール

アフラック浜松支社  達橋 由里子